DATE: CATEGORY:DT
GW修理 第2弾

花粉が凄くて外へ出たくない4月に内職で配線加工を済ませたメイト80用CDI。

再び装着確認するため、37Fと向き合う。

エンジン始動のために、キッックをするが、気まぐれな純正(現状)CDIは、またもや火花を飛ばさず。。
あわよくば、現状のまま復活させ、メイト用CDIは、バックアップにしておこうと目論んでいたのだが、あっさり撤回。

現状CDIを外して、メイト用CDIに換装。

sP4291917.jpg

今回、YPVSを動かすべく、キルSWに行く配線を分岐させ、YPVSへ。
(この辺は、ネットで得た情報)

結線後、キックをすると1発でお目覚め。

取り敢えず、作業はここで終了。




そして、本日試走確認。

sP5011920.jpg

走り出した感じは。。。
パワーバンドに入るまでが、かったるい。
(昔、4L3に乗っていた時の感じ)

ネットの情報だと、YPVSが、3,000rpm位で全開になるためとか。

河川敷に行き、回転を上げながらYPVSの動きを見てみると。。

sP5011918.jpg

アイドル時の位置


sYPVS180501.jpg

全開位置


確かに、3〜4,000rpm位で全開になる。
このため低速がスカスカ。。


走りながら考えたことは、YPVSの手動SWをつけたら、現在のインジェクションバイクみたいで面白いかもと。

ま、取り敢えず街を試走した感じでは、別に不具合を感じなかったので、次は林道を走ってみてどうかを確かめてみるか。。。

sP5011921.jpg





にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

DATE: CATEGORY:DT
前回、CDIチェックの際、シートをはずしたところ、なんか重い。。
取り敢えず、横に置いて作業していたら、いつの間にか地面が濡れている。

???
と思ってよく見たら、シートから水が滲み出している。

そう、シートの一部が裂けそこから雨水が侵入した様子。


ちなみに、指で押したら、パックリ裂けちゃいました。(汗)

sP3311876.jpg



シート表皮張り替えが手っ取り早い対策なのですが。。
まず、純正シート表皮は、とっくの昔に販売終了。

汎用の表皮を買って、張り替えという手もあるが、面倒。


ってことで、裂けた部分に風呂場に使うコーキング材を塗布することに。

sP3311877.jpg

まずは、マスキングテープで。


sP3311878.jpg

続いて、コーキング材を塗り塗り。



まあ、37Fの出動回数を考えたら、取り敢えずはこれでいいかな?と。


ただ、このままだと、古いバイクじゃなく、ボロいバイクになっちゃうので、まあそのうち張り替えようと心ひそかに思いました。(笑)



にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

DATE: CATEGORY:DT
こちらもGWの本修理に向けての前準備。

37Fの配線に、メイト用CDIをつなぐため、足りない配線作り。
今回は、念入りにハンダを使って。。。

sP4151895.jpg


でも、やっぱハンダ付けは、苦手です。

取り敢えず、37F復活の準備は整ったか???




にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

DATE: CATEGORY:DT
昨年の12月にCDI不調により、ついにおしまいと思われたMy DT(37F)。
ところが、気まぐれに火花を飛ばすCDI。

ブログにコメントを下さった、「だいき。さん」の情報によると接触不良の可能性が大。
万力で、挟むと復活すると。

ようやく暖かくなってきたので、早速試してみる。

まずは、何もしないで、キック。
って、気まぐれなCDIは、火花を飛ばしてあっさり始動。

sP3181802.jpg


一旦、エンジンを切り、再度キック。
し〜〜ん。
何度やっても、し〜〜んと火花飛ばず。



次に、CDIを外して、シャコ万で締めてみる。

sP3181804.jpg

そして、キック。
おお!エンジン始動。

今度は、シャコ万を外してキック。
エンジン始動!
しかし、手で揺さぶってみると、エンジンストップ。


やっぱり、内部の接触不良のよう。



何度か、シャコ万で挟んだり、外したり、揺さぶったりを繰り返していたら、エンジンがストップしなくなった。

でも、このまま乗るのは、超ハイリスク。



ってことで、バックアップを。
(本当は、CDIを分解して、半田付け直せばいいのでしょうが、超面倒。。。)

バックアップのために用意したCDIは、こちら。

sP3181806.jpg


これは、ヤマハのビジネスバイク メイト80のCDI。(新品購入)
必死になって、ググったら、チャレンジし、見事37Fを復活させている方がいたので!

37Fに合わせて、配線を変更し、取り敢えず仮配線で、接続。

sP3181805.jpg

キックを踏み下ろすと。。。

見事、エンジン始動!!

メイトとのコラボなので、
メイト200R 誕生!!(笑)

今の所、YPVSは動かないけど、取り敢えず、火花バチバチに復活。

このメイトCDIを常に携行しておけば、山の中でSTOPしても、交換して家まで帰れるでしょう!!


火花が飛ぶのを確認したので、後は、37Fに取り付けられるように、一部をカット。

sP3181815.jpg
カット中

sP3181817.jpg
カット後


足りない配線の作成作業も未完ですが、今日はここまで。

この続きも、GWかな〜。


なぜって??

だって、外は、花粉がこんななんですもん!

sP3171798.jpg





にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

DATE: CATEGORY:DT
ちょっと気になる点があり、37Fのカバーをめくって、バッテリーを装着しキック。

気まぐれなCDIは、火花を飛ばし、エンジン始動!!

sP1041143.jpg


この状態だけを見ると。。
えっ??壊れているの??
って感じ。

しかし、一度エンジンをきると。。
あんなに快調に回っていたエンジンは、目覚めず。。。

こんな調子で山奥へ行った時を考えると、恐ろしい。。。。



取り敢えず今日は、CDIとメインハーネスの結線を確認。

sP1041150.jpg


My 37Fは、エンジンを2LRに載せ替えた際、配線を少しいじったのだが、いかんせんもう、15年以上も前なので、色々記憶が。。。

色々確認したいけど、外は寒く、風も強いので、早々に撤退。。。


この時期、屋外作業は心が折れます。。。。




にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク


copyright © 2018 コーナーの向こう側 all rights reserved.Powered by FC2ブログ