FC2ブログ
DATE: CATEGORY:DT
GW修理 第2弾

花粉が凄くて外へ出たくない4月に内職で配線加工を済ませたメイト80用CDI。

再び装着確認するため、37Fと向き合う。

エンジン始動のために、キッックをするが、気まぐれな純正(現状)CDIは、またもや火花を飛ばさず。。
あわよくば、現状のまま復活させ、メイト用CDIは、バックアップにしておこうと目論んでいたのだが、あっさり撤回。

現状CDIを外して、メイト用CDIに換装。

sP4291917.jpg

今回、YPVSを動かすべく、キルSWに行く配線を分岐させ、YPVSへ。
(この辺は、ネットで得た情報)

結線後、キックをすると1発でお目覚め。

取り敢えず、作業はここで終了。




そして、本日試走確認。

sP5011920.jpg

走り出した感じは。。。
パワーバンドに入るまでが、かったるい。
(昔、4L3に乗っていた時の感じ)

ネットの情報だと、YPVSが、3,000rpm位で全開になるためとか。

河川敷に行き、回転を上げながらYPVSの動きを見てみると。。

sP5011918.jpg

アイドル時の位置


sYPVS180501.jpg

全開位置


確かに、3〜4,000rpm位で全開になる。
このため低速がスカスカ。。


走りながら考えたことは、YPVSの手動SWをつけたら、現在のインジェクションバイクみたいで面白いかもと。

ま、取り敢えず街を試走した感じでは、別に不具合を感じなかったので、次は林道を走ってみてどうかを確かめてみるか。。。

sP5011921.jpg





にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

コメント

排気デバイスは偉大です

KURO

こんばんは。

YPVSが正常に作動しないのは辛いですね~。
自分も過去に、TZR125に乗っていた時に、
YPVSカプラーを外して全開固定で走らせた事がありますが、
マトモに走れたものではありませんでした^^;
排気デバイスは偉大だと感じましたね。

むしろ、DTを始めとしたオフ車は低速で固定して走った方が楽かも・・・・しれませんね。

KUROさん

とらとら

こんばんは。

まずは、林道で試してみたいところなんですが、残念ながら、自賠責が切れちゃいました。(汗)
今月は、各種税金と任意保険、車の車検が重なり、DTの自賠責は後回しとなり。。。
ま、6月以降、色々試してみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 コーナーの向こう側 all rights reserved.Powered by FC2ブログ