FC2ブログ
DATE: CATEGORY:DT
長年バイクに乗っていますが、異物が刺さってのパンクは、初体験。

sTPA062607.jpg


白石峠から定峰峠に至る途中で、リアから変な音がしていたのですが。。
おそらくその時に刺さったのかと。
(少し経つと音も消えたので、気にしなくなり。。)

でも、その後、定峰峠を駆け下り、さらに林道を1本走っていたのですから、我ながら、呆れるというか恐ろしいというか。。。
(リアが滑る感じはしていたのですが。。)



さて、林道を走るときは、パンク修理の一通りの道具は持っていますが。。。
正直、林道や道路脇で修理なんぞ、やる気力が起きません。

昨日も道路脇で、パンクを確認しましたが、日が暮れてくる中、速攻で決断したのは、騙し騙し帰ろう。。でした。



で、本日の作業。
もともと新品のチューブは持っていたので、サクッと交換し、パンクしたチューブは、パッチを当てて予備にと目論んでいたのですが。。。。


刺さっていた異物をペンチで引っ張りだすと。。。
えっ?
嘘?
って位、長い!

で、出てきたのがこれ。
(比較のためプラグの箱を)

sPA072609.jpg

長さ100mm 直径5mm の丸棒。



チューブを引っ張り出すと。。


刺さった側

sPA072612.jpg



反対側は。。。

sPA072613.jpg


裂けてました!!

リムバンドも千切れかけ。。。
(パッチ補修してのチューブの予備化は、夢と散りました。)


結局、リムバンドとチューブを新品に交換して作業終了。

sPA072610.jpg


道具の整っている自宅でも、結構な作業。

やっぱ、林道脇で実施するのは、自分には無理!と判断。


家に帰れなくなる状況の場合は、ロードサービスに頼ります。


今日も、ビールが美味しそうだ!



にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

コメント

kenboo(けんぶー)

こんばんは。

オフ車の場合、オフ用のタイヤは結構エアが抜けても
走れたりするので、ふもとまで下りてバイク屋さんに
助けを求めるというのはアリですね。

ワタシも過去2回オフ車でこのパターンに陥りましたが
昔は電話も公衆電話を探さないといけなくて、結構な
しんどさでしたねぇ。電話して「土日はやってねぇ」
とか言われて断られるし。

それだけに助けに来てもらった時は有り難かったなぁ。

たいていもうチューブがダメになっているのですが、
分かっているお店はちゃんとチューブも持ってきていて

「ちょっとサイズ違うけど、まぁ問題ない」

とか言ってくれたっけ。

なんか昔を思い出して、懐かしくなっちゃいました。


kenboo(けんぶー)さん

とらとら

コメントありがとうございます。

気がついたのは、家まであと30km程度だったので、ソロソロ帰りました。
昨日の作業で、今日は、腰が痛いです。(笑)

今回の件も、数年経つと思い出に変わるでしょう!

ponkotu40

オイラは五寸釘を拾ってパンクしたことがありますよ
林道で五寸釘ってのがレア (^^;)
そのときは林道脇の空き地で修理してました

ponkotu40さん

とらとら

出先でパンク修理なんかしたくない!と思う反面、エマージェンシースタンドなんぞを物色しています。(笑)

でも、やっぱ、タンクはずして横倒しにしてタイヤ外す方が賢明ですかね??

大変そう

タカ

初めまして。
川口市在住の 「独りクラブ」の タカ です。

昔?友達に付いて行って、河川敷で借りて 2~3回 オフ車乗った事が有りますが、後輪を流すのが楽しくて、ナカナカかえさなかったりして・・・。
でも、オンロードが忙しくて(?)掛け持ちは出来ませんですね。

私も 結構パンクするので、パンク修理セットは いつでも積みっぱなしです。(勿論空気入れも)
でも、私んのはチューブレスなんで補修が比較的簡単です。
チューブタイヤの修理した事無いのですが、大変そうですね。

色々大変な事と出くわしますが、お互い長続きさせましょうネ。
私は、今の処・・・33才からだから、丁度40年かな。

また、気が向いたら・・こんな ナンの内容も無い文ですが、又 書き込みさせてください。






タカさん

とらとら

コメントありがとうございます!

その昔、自転車感覚でパンク修理に臨んだら、えらい苦労をしたことがトラウマとなり。。。
タイヤ交換には、ずっと手を出さないでいました。

が、昨今は、懐事情も悪く、Do it yourselfの方針に変更し、修理を楽しんでします。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 コーナーの向こう側 all rights reserved.Powered by FC2ブログ